巷で人気の「電動キックボード」

2021年4月7日

こんにちは!

かなり前に電動キックボードの話をしたと思いますが、どうやら大きく電動キックボードに関しての法律が追加?変更?されるみたいです。

電動キックボードには公道を走れるモデルと走れないモデルがあり、走れるモデルはいわゆる保安部品がないとだめみたいです。

じゃー走れるモデルで保安部品つけた場合、免許は原付なのか?普通免許なのか?自動二輪なのか?が焦点になっているみたいです。

そこで大きな問題はヘルメットを着用義務が出てます。

そこで! 電動キックボードの扱いを「小型特殊」扱いって方向性が浮上しています。

設定として・・

1)時速15km以下
2)ヘルメット着用義務なし
3)自転車通行区分走行可
4)保安部品取り付け不要

これらが小型特殊扱いにする理由だそうです。

そうすると一気に購入する人が増えそうです。

そこでドンキホーテが凄いの発売しました。

仕様はこんな感じです。

しかも保安部品が初めから装備済みっていいですね。

スペックは最高速度約19km/h、3.5時間の充電で最長約20kmまでの走行が可能。防水・防塵機能を備え、車輪には8.5インチのノーパンクタイヤを使用しているそうです。耐荷重は約120kgながら本体重量は約13.8kgで、折り畳みクルマなどに積め込むことができるので、出先での使用もできますね。

そして肝心の価格がなんと! 43,780円だそうです。

これは人気でそうですね。

しかーーーし!

発売元のコメントに50ccの原付として登録し、公道走行が可能って書かれているので、原付登録になればヘルメットが義務になりますね。

ちなみに公道走行可になれば、自賠責などの保険関係の加入が義務になります。

海外で人気のセグウェイですが、日本で使用するにはヘルメット義務や公道不可の前例があるので、今後の電動キックボードの動向に注目です。

一応、私も乗ろうかなって!思って、調べてみました。

ななななな!なんと!

香川県では、この電動キックボードそのものが、公道走行禁止みたいです。

都市部ではヘルメットなしで通行可ってでているくらいなのに、わが香川県はそもそも通行不可だって。

なんと!

香川県内で乗れる日は、まだまだ先のようですね。

おしまい!  ばいばーい!

-All, オススメ, マイ チョイス, 気になったこと
-, , , ,

© 2021 isedaの扉